解体業者の選び方、一歩間違うとトラブルに? トラブルの内容を紹介!

未分類

適切な解体業者を選べば、スムーズに解体工事を終えることができますが、もし十分な確認を怠った場合、どういったトラブルが発生する可能性があるのでしょうか?

本記事では、解体業者の選び方を間違ってしまったために起こりうるトラブルの内容をまとめていきます。

不適切な解体業者とは?

解体業者の中には、誠実さに欠けた対応を行う業者やまずもって解体工事を下請けの会社に任せる業者、法律に対する認識の甘い業者がいくつもあります。

間違った業者のやり方に流されることなく、依頼人が必要な知識を付けた上で解体工事を依頼することが非常に重要です。

解体業者のトラブルの内容で多いものは?

打ち合わせ不足

解体工事の際に、解体されると依頼人自身困るものがあります。

それらを事前に把握して、契約時に作業内容を確認し、工事開始の前にも十分な打ち合わせをして、現場監督だけでなく当日手伝いとして入る日雇い従業員やアルバイトスタッフにも情報が伝わるようにすることが必要です。

工事開始の遅延

場合によっては、小規模の解体業者だと、他の現場での作業が長引いて解体工事開始時間に間に合わないというケースもあります。

そのためにも時間には余裕を持っておく方が好ましいです。

その点も踏まえ、大規模の解体業者と小規模の解体業者のメリットとデメリットについて把握した上で、どちらを選ぶのが自分には良いか判断しましょう。

解体工事の際の近隣住民の問題

事前に工事車両が入ることを把握した上で、場所を確保することや近隣住民になんらかの形で説明しておいた方が良いでしょう。

他にも、解体工事の際に発生するほこりや粉塵が発生してしまうこと、それらから近隣住民を守るために足場が必要で、借地料を払う代わりに一時的に借地させてもらうことを説明するのも必要です。

近隣住民から裁判沙汰にされた時に、保険に入っていないと依頼人も大きな負担を背負う可能性もあるので、まずは近隣住民の問題が起こらないように事前に準備することが大切です。

まとめ

解体業者を間違えてしまうと、打ち合わせ不足や工事開始の遅延、さらに近隣住民に関わる問題に発展し、裁判沙汰になることも十分にあり得ます。

これらを解体業者だけに任せてしまうと、次から次へとトラブルが舞い込んでくることも十分にありえます。

そうならないように、解体業者と密な連携を取りながらトラブル発生を未然に防ぐ意識を心掛けていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました